CW is my life / JR7OEF qrpdx.exblog.jp

OEFの一人語り


by nori
プロフィールを見る

アンテナのある風景

土日は現場仕事の手伝いでした。現地に着くとご近所にルーフタワーを発見。V-DPと2mのスタックが上がっていました。だいぶ前だとHFのアンテナ+2mのスタック という組み合わせはお約束でしたから結構な無線暦とお見受けしました。

昼食に出掛けるとタワーに3エレが上がっているお宅がありました。機能美ですね。

今の住まいに引っ越して20年近くなります。引っ越してきた当時はご近所にタワーを建てているお宅が数件ありましたが気が付くと全て撤去されてしまっています。突撃訪問する訳にもいかず時々見上げていました。

昭和の頃の無線雑誌にはローカル局を訪問して云々という記事を目にしましたが、実際に近所にアンテナが上がっていてもおいそれと訪問とはいきませんね。





# by qrpdx | 2019-03-19 00:41 | 雑談 | Comments(0)

雪の芽舎が大変!

5年前の記事でご紹介した由利本荘の雪の芽舎が今 大変な事になっています。

NHK総合TV プロフェッショナル 仕事の流儀 3月4日放送が雪の芽舎の杜氏さんにスポットを当てたもので放送直後からオーダーがかなりの数届いて蔵は大騒ぎになっています。通販対応出来る秋田の酒店のHPも注文殺到で受付を中止 HPを閉鎖しているお店も出始めました。

自分が放送の事を知ったのは昨日のことで慌てて再放送の予定を確認しました。17日に予定されているとの事 安心して予約しようと操作しているとその時間は きらり!えん旅 という別の番組が放送予定になっています。これは芸能人が東北の被災地を訪ねる番組でBSで月いちの放送らしく少し後で地上波で再放送しているようです。

2月末に放送されたものをこの日に再放送するようですが 大助・花子が岩手を訪ねるらしい。内容は何となく想像出来ます。恐らく東北地方限定の再放送だと思います。

仕方がないので他の地域に住んでいる知人に録画を頼むことにします。

5日から出張で秋田に行ってきましたが本屋で いっぽん3巻 を見つけました。雪の芽舎が載っているので探していたところ仙台で見当たらず思いがけずに地元の秋田で購入出来ました。

a0245159_20113328.jpg
雪の芽舎フィーバー 暫く続きそうです。



# by qrpdx | 2019-03-10 19:55 | お酒 | Comments(0)

陸羽東線再び

今日は新庄、栗原市に行く用事があり先日と同じように国道47号線 陸羽東線に沿って行きました。

春間近と思わせる気温が続いておりましたが今日の最上地方は吹雪でした。流石に先日立ち寄った堺田駅はスルー。宮城県に入って一つ目の中山平温泉駅が国道から直ぐのところにあり立ち寄りました。

この駅に蒸気機関車が静態保存されている事を知っていたので一度見たかったのです。駅前にありましたが雪捨て場と化しており近くまで行けません。蒸気機関車の頃に利用していた皆さんは高齢になり若い人には思い入れも無いのかも知れませんが保存状態は大変悪いです。運転席の扉は誰かがぶら下がったのかと思うような壊れ方をしていました。

a0245159_20223514.jpeg

C58です。この路線を走っていたものでしょう。1974年に陸羽東線での蒸気機関車の運行は終了しています。前方の朽ち果てた様子にもガッカリしました。もう少し手入れをして欲しいです。白い粒々は雪です。吹雪いていました。

a0245159_20225395.jpeg

陸羽東線の愛称は 奥の細道ゆけむりライン かつて松尾芭蕉がこの地を旅した事と沿線に沢山の温泉があることから公募でこの名が選ばれたのでしょう。

a0245159_06262500.jpeg

この駅は無人駅ですが待合室とトイレがありました。結構無人駅だとトイレが無いところが多いのでこの点は良いです。丁度鳴子温泉行きの列車が来ました。降りる人はゼロ ベビーカーを押した親子3人が乗り込みました。何となく会話を聞いていると中国語のようでした。

息子が保育園に行っていた頃 陸羽東線をC57を運行するイベントがあり指定乗車券の申し込みをしました。小牛田から古川の区間だけ空きが有り僅か数分でしたが乗りました。C58ではなかったはずです。もう20年位前の事でした。

a0245159_20233941.jpeg

一昨年の秋に駅に置いてある時刻表を何気なく見ると変わった表紙だったので改めて凝視しました。記念に一冊買おうかと思ったら非売品らしく断念。記念に一枚写真を撮っていたのを思い出しました。

暫くするといつもの表紙の時刻表になっていましたがこの特別号はどこへいったのでしょうか。みどりの窓口がある駅には少なくとも一冊ずつは配布されていたはず。しっかり保管してあるのでしょうか?

a0245159_20240965.jpeg

# by qrpdx | 2019-03-08 20:13 | 雑談 | Comments(0)

今更ながら藤沢周平

再 掲

a0245159_21202177.jpeg
これは堺田駅のホームに下りる手前にあり藤沢周平の随筆集の一文が使われています。彼は山形県鶴岡市の出身で「山峡の道」は仙台から鶴岡に帰るために陸羽東線に乗ったときの事を書いたものです。鶴岡に行くには新庄で陸羽西線に乗り換えます。

この文を読んでどうしても随筆集が欲しくなり調べると 小説の周辺 というタイトルだと分かり早速数件の本屋を巡り幸運にも購入することが出来ました。本屋で藤沢周平の他の本をちらっと読んだのですが読みやすくてこれから少しずつ買っていこうと思います。

鶴岡には記念館があるらしいので機会があれば行ってみたいと思いますがそれには沢山読み込んで自分なりの藤沢周平の人物像を確立してからにしたいと思います。

何だか楽しくなってきました。

a0245159_21204091.jpeg


# by qrpdx | 2019-03-01 21:19 | Comments(0)

分水嶺

分水嶺(ぶんすいれい)

水系を分ける境界となっている山稜。この山稜を隔てて流れ下る沢は下流でも交わることなく別々の川となって海まで注いでいる・・・辞書からの引用

今日は山形県新庄市に行ってきました。行きは東北道-山形道を使いましたが帰りは国道47号線で宮城県大崎市鳴子温泉界隈を通って戻りました。

新庄と小牛田(宮城県遠田郡美里町)の間をJR陸羽東線が走っています。山形側の堺田駅付近に分水嶺があると以前から承知していたのでよい機会だと思い立ち寄ってみました。

a0245159_20462949.jpeg
a0245159_20471752.jpeg
右端に見えるのがホームに下りる階段です。単線で当然無人駅。小さな待合室と公衆電話がありました。最近この手の無人駅を秘境駅などと呼びますが秘境というには今ひとつでしょうか 但し利用客は殆どいないようです。

a0245159_20572455.jpeg
ホームの向こう側に何か見えます。拡大してみました。

a0245159_20574243.jpeg

a0245159_21031800.jpeg

a0245159_21033264.jpeg
ネットで検索すると出てくる分水嶺の碑や水源が見当たりません。それもそのはず 2mを超える雪の塊で視界が遮られていました。ひと一人通れる位除雪されていました。

a0245159_20581287.jpeg

a0245159_21045723.jpeg

a0245159_21053879.jpeg

a0245159_21055627.jpeg

a0245159_21061691.jpeg
雪の為パッとしませんが本来はこんな感じです。

a0245159_21105279.jpg
右の流れが太平洋へ 左が日本海へ注がれます。

雪が解けてからもう一度来ます!

a0245159_21064172.jpeg

# by qrpdx | 2019-02-26 20:36 | 雑談 | Comments(0)