CW is my life / JR7OEF qrpdx.exblog.jp

OEFの一人語り


by nori
プロフィールを見る

ミズホ通信

40周年を期に会社を畳むという話しが聞こえてきましたがどうなのでしょうか。40年前といえば自分は10歳でまだBCLも始めていなかった頃。その2年後にBCLに目覚めミズホ通信からマーカー発振器が発売されているのを知ったのがこの会社との出会いでした。

 その後CQ誌を買うようになり表紙をめくるとすぐにミズホの広告ページになり価値あるQRPというキャッチコピーでRigが紹介されていました。何度となくSB21で開局しようと考えましたがTS520Vを親に買い与えられ何時しかその思いは風化してしまいました。その後MX14SやMX21Sを手にしました。

 高田さんにはラジオの製作のHAM入門の記事で大変勉強になり感謝しています。アマチュア無線受験マニュアルのお陰で電話級に合格出来ました。ハムフェアで一度お逢いしてお話出来て良かったです。明日は感謝を込めてMX14Sで電波を出したいと思います。
[PR]
Commented by ust at 2013-01-04 20:25 x
CQ誌の初心者製作コーナーを見て作った21MHzCW送信機がうまくいかなくて、CQ出版社に質問の手紙を出したら、記事を書いていた高田OMから質問の回答と、部品をいただきました。私が中学生のときでしたが、無線というより、人生に対する姿勢のようなものを教えていただいた気がしました。ピコ6とピコ21でたまにQRVしています。
Commented by ja1nut at 2013-01-05 05:17 x
高田さんが仕事を終えられるとのこと、感慨深いです。N6SCが毎年夏日光に滞在していた1980年代に一度泊りがけで、その歓迎会を行ったことがあり、そこに気軽にお出かけくださった記憶があります。「トリオ」の創生期のエンジニアでもいらっしゃったようで、一つの時代が終わりになるように感じます。ustさんのお話しも良い話ですね。
Commented by qrpdx at 2013-01-05 05:45
Sugiさん元旦にQSO有難うございました。本年も宜しくお願いします。
高田さんのそうしたお話は良く聞きますね。アマチュアは親切であることを正に地で行った方だと思います。私も直筆のお手紙を頂いたことがあります。本当にアマチュア無線が好きで後輩の育成に熱心でした。高田さんの執筆されたアマチュア無線受験マニュアルにはところどころに
あるOMハムの昔話 だったかタイトルは忘れましたがコラムのような自分の体験談が書いてあり 自転車を漕ぎながらベルでCQを出していたら焼き鳥屋から外人が飛び出してきて 俺はWなんとかだと言われたとか台風の時に娘と一緒に庭に出てアンテナを見上げた 等色々ありアマチュア無線てなんて素晴らしい趣味なんだろうと思いました。毎月のラ製も楽しみでした。
Commented by qrpdx at 2013-01-05 05:55
Shinさん昨日はお呼び頂き有難うございました。本年もご指導お願いします。和文は縦振れでやっているのでそのまま7026でCQを出してみましたが流石に厳しくエレキーに代えました。
高田さんがTX88などの設計をされたのは知っています。確かCQ誌の別冊本が出ていたように記憶しています。お人柄も素晴らしく本当に古き良き時代の先輩ハム アマチュア無線家の交流とはこうあるべき という方だと思います。私が何度も長いQRTを経て又こうしてQRVしているのも高田さんの記事を読みアマチュア無線という趣味に対して抱いた印象がとても良かったから、自分も体感したかったからなのかも知れません。私も海外のハムとの交流も出来て無線をやって良かったと思いました。
by qrpdx | 2013-01-04 19:47 | 雑談 | Comments(4)